top of page

似た人と働くことがおすすめ

よく「同質の人が集まると停滞するから、異質な人で集まるとよい」というけれど、「異質な人を許容できる人同士が集まる」ならそれは、やっぱり「異質を許容できるという似た性質」を持つ人の集まりということになる。


管理側の都合からも、同質が集まって、同質を管理すると事はスムーズだ。


廃れることに対する許容も、同質だから、ベクトルがもし劣等であれば、時間や世代とともに、スムーズに廃れる。


つまり、同質の人が集まるということは、正義でもなければ、最高の生産性でもないということ。管理がスムーズなだけであって、


なのでもし、自分の目と手と頭で考えて働くなんて嫌だ、という人は、劣等な環境にあるなら、それはあいにくだが、ずっと変わらない。ずっと嫌な環境のままだ。染まり抜くか、耐え抜くかだ。


そしてもし逆に、自分の目と手と頭で働ける自律性がある人で、異質な環境にいる人は、向かい風に逆らっても、正義を貫くこともできないし、最高の生産性を上げることもできない。苦しむより、似た人と働ける環境を探した方が良い。


似た人と、信じたベクトルに向かって、働くことをお勧めする。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page